<お知らせ>8月のお休み(業務縮小について)

針江生水の郷委員会から8月からの業務を次の通りとします。

☆ お盆の休みについて
8月10日~8月16日までガイド、受付業務を休ませていただきます。

☆ 新型コロナウイルスの感染者激増に伴う対応について
新型コロナウイルスの変異株により、感染者が激増しております。先日滋賀県でも過去最高の感染者が確認されました。これに伴い8月1日(本日)より8月31日まで新規予約をうけたまわりません。また、9月以降についてもご予約できません。8月31日までの感染状況を見極めて9月以降の対応を考えたいと思います。
なお、7月31日までに8月中の見学をご予約いただいた方は予定通り実施いたします。
ご見学ご希望の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

Harisshimo 第15弾 vol.15発行

「針江・霜降の水辺景観まちづくり協議会」から
『 Harisshimo Vol.15 』が刷り上がりました。
霜降と針江地区の皆さんには近日中に配布予定です。
今回は「8月12日、15日の水辺灯りイベントのお知らせや当協議会が実施予定の河川水路の現況調査、当地区のカバタ現況調査のお知らせと協力依頼、重要文化的景観について」などを掲載しました。
harisshimo vol.15_p.1              harisshimo vol.15_p.2

 

 

<お知らせ> 予約・お問い合わせについて

・針江生水の郷委員会の事務所対応について
当面の間お問い合わせ・ご予約にFAXが使えません。
お電話・E mailでお願いします。ご迷惑・お手数をおかけして申し訳ありません。

電話 ☎: 0740-25-6566
Eメール : shozunosato@lapis.plala.or.jp
 

<お知らせ> お休みの延長

案内業務お休みの延長
2021年12月22日(水)から2022年1月10日(月)迄としておりましたが、新型コロナウイルス感染者の急激な増加に鑑み37日迄案内業務のお休みを延長します。
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

Harisshimo 第13弾 vol.13発行

「針江・霜降の水辺景観まちづくり協議会」から
『 harisshimo Vol.13 』が刷り上がりました。
霜降地区と針江地区の皆さんには3月28日に配布が済んでいます。
今回は私たちの地域に深い関わりのある「高島市重要文化的景観整備計画」についてです。この計画には、大切な「水の文化」を守り伝え、魅力あるまちづくりを進めるための指針や整備計画が盛り込まれており、特に「針江・霜降の水辺景観」に焦点をあててご紹介しています。

<お知らせ>案内業務自粛中のお知らせ

案内業務自粛中のお知らせ(2021年3月1日更新)
 昨年2月27日より「終息宣言」がされるまで「地域の安心安全を守る」との立場から無期限停止をしています。
 ご承知のとおり、新型コロナウイルスの拡大は日本国内だけで無く、多くの国と地域で終息には至っていません。
関西の大阪・京都・兵庫等は緊急事態宣言の解除はされたものの終息にはほど遠い状況のようです。今後ワクチン接種がすすむにつれて幾分かは減少すると思われますが、そのワクチンも一般民間人にいつ頃行き渡るのか至って不明瞭な状況です。
 私たち針江生水の郷委員会では新型コロナウイルスの影響で前述の通り、案内と予約受付等の業務を停止し現在も自粛中です。
 案内させて頂く川端(カバタ)は各家庭の私有地内にあり自由に見学することはできません。
 当委員会としましては、「終息宣言」や当地域の皆さんの了解、ワクチン接種が行き届くなどの条件が得られるなど、業務再開に向けた条件が整うまで今しばらくお待ち頂きますようお願い申し上げます。
 どうぞご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

<お知らせ>案内業務自粛中のお知らせ

案内業務自粛中のお知らせ(2020年12月1日更新)
 本年2月27日より「終息宣言」がされるまで「地域の安心安全を守る」との立場から無期限停止をしています。
 ご承知のとおり、新型コロナウイルスの拡大は日本国内だけで無く、多くの国と地域で終息には至らずむしろ拡大を続けております。
 私たち針江生水の郷委員会では新型コロナウイルスの影響で前述の通り、案内と予約受付等の業務を停止し現在も自粛中です。
 案内させて頂く川端(カバタ)は各家庭の私有地内にあり自由に見学することはできません。
 当委員会としましては、「終息宣言」や当地域の皆さんの了解が得られるなど、業務再開に向けた条件が整うまで今しばらくお待ち頂きますようお願い申し上げます。
 どうぞご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。