Harisshimo


harisshimo Vol.5 3月31日に発行しました。
今回は重要文化的景観のうち、建造物を調査して頂いている滋賀県立大の石川先生と海外からのお客様を通訳しながら案内する通訳案内士の悠ツアー代表森聖太さんから寄稿頂きました。
針江がどのように見えているのか興味津々です。
2ページ目は針江・霜降の水辺景観の活動を簡単に纏めています。
※文中に高島市・国からの助成金を活用と記述がありますが、助成金は針江区、霜降区にそれぞれ支払われ、針江生水の郷委員会には一切関係ありません。生水の郷委員会の環境保全活動などは見学の皆さんから頂いた環境協力金でまかなっております。

harisshimo Vol.5
1ページ目 harissimo vol5-p1
2ページ目 harissimo vol5-p2

harisshimo Vol.4 12月22日に発行しました。
今回のメインは6ヶ月費やして作った、新しい湧水の水場。つい先日周辺のお化粧工事を行ってかんせいしました。制作過程を纏めて頂いたドキュメントがメインです。
「針江・霜降水辺景観まちづくり協議会」の活動を少しでも垣間見て頂ければ嬉しいです。

harissimo Vol.4
1ページ目 harissimo vol.4-p.1
2ページ目 harissimo vol.4-p.2

harisshimo Vol.3 7月末に発行しました。
今回は我が町に思うことや、人の手が入った自然(里山)が生き物を育むお話し、鎮守の杜に現れたキツネさまの話など手作り感満載でお届けします。

harisshimo Vol.3
1ページ目 harisshimo vol3_P1
2ページ目 harisshimo vol3_P2

harisshimo Vol.2  3月1日に発行しました。
はりっしも探索①では、霜降と針江の中間にひっそりとたたずむ、霜降の「行者堂」、なんと世界遺産の大峰山と深い関係が・・・お話を霜降の長老直筆でご覧ください。
はりっしも探索②では針江の協議会委員が書き下ろした遠ーい昔の事を!

harissimo Vol.2
1ページ目 harisshimo-Vol.2-P1
2ページ目 harisshimo-Vol.2-P2

今年、新たに創設された日本遺産は全国で18件(グループ)が選定されました。
そのうちのひとつに「琵琶湖とその水辺景観~祈りと暮らしの水遺産」が認定され、針江・霜降の水辺景観はその主要な構成要素になっています。

これを機会に「針江・霜降水辺景観まちづくり協議会」は、針江、霜降の両区民の皆さんに「日本遺産」に選定されたことや当協議会の活動状況をより理解して頂くため新しく会報を発行することにしました。今までの広報紙とちょっと視点をかえて発信してまいります。
日本遺産のロゴマークをまとって、「Harisshimo」Vol.1 創刊号です。
えっ! 針江と霜降で「Harisshimo」”はりっしも” 安直ですか?
でも、なんだか可愛く響きませんか!
残念ながら針江、霜降地域限定の全戸配布です。当ホームページご覧頂く皆さんには、発行の毎にアップして参りますので、ご覧ください。

harisshimo創刊号VOL.1
1ページ目 harisshimo Vol1-P1
2ページ目 harisshimo Vol1 P2