重要文化的景観について

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

重要文化的景観とは、平成17年の文化財保護法の改正で誕生した新しい文化財の種類の一つで、自然と人の暮らしが作り上げてきた文化的な風景全体をさしています。針江区と霜降区は「高島市針江・霜降の水辺景観」がこの選定を平成22年にうけました。針江区、霜降区そして生水の郷委員会の3者で委員をだして「針江・霜降の水辺景観まちづくり協議会」をつくり守り・伝え・活かしていくための取り決めや計画の策定などをおこなってきました。

この活動を地域の皆さんに広く知っていただくために平成22年から広報紙を発行しています。ここでは広報紙を見ていただけるようPDFファイルで掲載させていただきました。

重要文化的景観

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。