日本遺産・重文景観


重要文化的景観とは、平成17年の文化財保護法の改正で誕生した新しい文化財の種類の一つで、自然と人の暮らしが作り上げてきた文化的な風景全体をさしています。

針江・霜降地域では、この地域に残る独特の町並みや川端(かばた)や水路、湖岸のヨシ群落などの水辺での生活を伝える風景が貴重な文化的景観の要素として高く評価され、平成22年8月5日「高島市針江・霜降の水辺景観」として国の重要文化的景観に選定されました。ここに住む私たちにとって誇るべき大切な宝物であり、次世代の人々によりよい形で伝えていかなくてはならないものです。

重要文化的景観「高島市針江・霜降の水辺景観」について、高島市教育委員会事務局文化財課に2015年12月4日付けで詳しく紹介していただきました。
高島市のホームページへリンク  高島市文化財課「高島市針江・霜降の水辺景観」

この宝物をどのようにして守り・伝え・活かしていくのかを、私たち地域に住む者たちで考え実戦していくために、地域住民で、「針江・霜降の水辺景観まちづくり協議会」を立ち上げ、このすばらしい文化的景観を有する針江・霜降地域の目指すべきまちづくり計画の策定を行っています。

針江生水の郷のメンバーもこの協議会に参画していることから、当ホームページに活動内容を報告して参ります。

01 重要文化的景観「針江・霜降の水辺景観」 02 重要文化的景観「指定地域の概要」 03 「針江・霜降の水辺景観」の主要な構成要素 04 生水(しょうず)と大川 05 水辺景観の特性①「水の循環と水環境の活用」 06 水辺景観の特性②「川端(かばた)」 07 水辺景観の特性③「ヨシ群落」 08 内湖「中島」 09 田んぼ 10 針江関連の受賞・選定など 11 日本遺産「琵琶湖とその水辺景観 祈りと暮らしの水遺産」 12 「琵琶湖とその水辺景観 祈りと暮らしの水辺遺産」

1件のコメント

  1. 高島市の重要文化的景観に全国の市町村で最多の3カ所も指定されています。
    さて、これをどのように継承していくのかって、8月21日の京都新聞に掲載されていました。
    重文的景観指定と言ってもそれぞれの地区でどのように継承するのか、どのように活用するかなどはバックボーンから見ても、現時点の活動状況から見ても違うはず。市の教育委員会文化財課には充分理解して頂いていますが、メディアに載ってしまうと、あたかもこれから立ち上げる整備活用委員会がスタートラインの様だ。また、国補の争奪に感じてしまう。(少なくとも見出しだけを追うと)限られた紙面・字数では無理もないが、記事中に活動年月の流れが見えないため、3地区で活動する者の思いとは乖離している様に見えると感じるのは私だけだろうか?

    京都新聞掲載記事(focebook 針江生水の郷より引用)
    https://www.facebook.com/harie.syozu/photos/pcb.473687046125472/473682396125937/?type=1&theater
    https://www.facebook.com/harie.syozu/photos/pcb.473687046125472/473682392792604/?type=1&theater

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。